足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

つまらないと感じる奉仕は、さっさとやめる。

f:id:yunbox:20150315110614j:plain

PTAや子ども会、自治会、その他いろいろなボランティア活動。
つまんなくなってきたなあと思ったら、辞めどきです。

もちろん、最初に引き受けないというのも大事。
でも、最初のうちは色々と改善案を出したり、変化を楽しんでいても、
だんだんと人や考え方が固定化されて、つまらなくなること、あります。
そんなときは、その時の任期が終わったら、さっさと辞めるようにしています。

人が固定化されると、その組織も守りに入ってきますよね。
だんだんと派閥ができたり、
新しく加わった人を邪険にしはじめたり、
古い人が偉そうになったり。

5年以上は同じことをしないようにしていますが、

5年経たなくても、次の人材を探して密かに引き継ぎをし、さっさと辞めます。
「やりたくないなあ」と思いながら関わっている時間がもったいないので。
そして、家族に愚痴を聞かせたくないので。

ボランティア団体に、古くて偉そうな人が主のように居座っても、
良いことはないです。
「やってやってる」と思っているのが見え見えで、感じが悪いです。
やってもらいたくないです。
そんな人たちや団体からは、離れたほうが自分のためです。

新しいことを始めて自分を新しい環境に置くと、
教わらなければいけないことがたくさんなので、頭を下げる機会が増えます。
この、「教えてもらう」という姿勢、とても大事だと思うのです。

だから、つまらないと感じたときもですが、
「最近わたし、調子にのってるなあ」と思えてきたら、辞めます。
新しいことを始めるようにしています。

自分がやめても、誰も困りませんよ。
困るとしたら、自分の今までのやり方が間違っていたのです。
ボランティアの活動で、「その人がいなければ立ち行かない」という仕組みを作っては、だめ。
必要とされるのは気持ちが良いですけどね。

やめても、何かをお願いされたときに影で力になればいいのです。
自分が居座る必要はありません。

にほんブログ村 シンプルライフ

広告を非表示にする