足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【読み聞かせ】こぞうさんとりゅうのたま

2年生〜4年生に読み聞かせした本です。

読み始めるまえに、”こぞうさん”についての説明。
「みんなと同じくらいの年の子が、お父さんお母さんから離れてお寺で暮らして、お坊さんになる勉強をしているんだよ」
そう言うと、
「えー!!」
「無理!」
「さみしい!」

そんなこぞうさんは、とっても泣き虫。
立派なお坊さんになるために、和尚さんと「もう泣かない!」と約束をしています。

ある日。
おつかいに出たこぞうさん。
岩の隙間に落ちちゃった子どもを助けます。
その子をおぶって、嵐の中をお寺に急ぐ、こぞうさん。
ところが、荒れ狂う川の中に、子どもといっしょに落ちてしまいます。
そのこぞうさんを助けてくれたのは?

途中、なんども大変な目に会うたびに、涙をぐっとこらえて頑張るこぞうさん。
がんばって、がんばって。
お寺について和尚さんの姿を見た途端、こらえていた涙が溢れてきてしまいます。

さて、こぞうさんは無事に、鐘つきの時間に間に合うように帰ることができるのでしょうか。

きっと昔は、こんな子どもたちがたくさんいたんだなあ。
涙をこらえて、親元を離れて修行や仕事をする子どもたちが。

ちょっとだけ、そんな内容もお話ししながらの、読み聞かせでした。

「はせがわ かこ」さんの絵、とてものんびり、ホッとする絵です。
この本も読みたいな↓

広告を非表示にする