足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

モノを減らすことへの「こだわり」を、捨てる。

f:id:yunbox:20151104092611j:plain

気持ちの落ち着かない日が続いていました。

モヤモヤ、イライラ。

仕事の関係で、年配の方のお宅を尋ねることが増え、
その家の中の様子(モノでも、家族関係でも)がドンドンと自分の中に入ってきて、
息苦しい。

「こうすればもっとスッキリするのに」
「あぁすれば、楽に生きられるのに」

そういう気持ちが胸の中にたくさん溜まり続けていました。

でも。

あるお宅でのこと。
やっぱり物がたくさん溢れているのですが、
たくさんのお客様が集まってくるのです。
ご近所さん、お孫さんたち、習い事の仲間たち、、、、。
私も、そのお宅は、物がたくさん溢れていても何故か、居心地が良い。

なんでだろう?と、じっと考えてみると。

家主さんに、へんな「こだわり」が、全くないのです。

いつも、ニコニコ。
人の話をニコニコと、聞いている。
ものを貰えば、「あら〜、ありがとう!!」。
そして使うこともあれば、すぐに人に譲ることも。

家がごちゃごちゃでも変に気取らず、

「そこらへんに適当に座ってね〜。(ニコニコ)」
「お台所、適当に使って飲み物作ってね〜(ニコニコ)」

気負うところが何もないので、こちらも気負わずにすみます。

あぁ、私、最近モノを減らす・スッキリさせることにこだわりすぎていたかも。
そう思い至りました。

「余計なものを入れない」。
そのスタンスは同じなのですが、
「今あるものを大事にする」
これが、おろそかになっていたなあと。

大事にしてるかな?感謝して使っているかな?
処分することばかりに気持ちが向いていないかな?

モノに対しても、人に対しても。
そう、自問自答する日々です。

広告を非表示にする