足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【読み聞かせ】ぼくがおおきくなったら

大好きな、いもとようこさんの絵本です。
原作は「くすのき しげのり」さん。
「おこだでませんように」の作者さんです。

森の動物の子どもたちが、おおきくなったらどうなるのかをお話しています。

こじかくん、おやぎさん、こぐまくん、こざるくん。
みんな、おおきくなったら、
「りっぱな角がはえるんだ」
「たくさんおちちが出るようになるんだ」
「森で一番大きくなるんだ」
「木登りができるようになるんだ」

そして、聞きます。
「きつねくんたちは、大きくなったら、どうなるの?」

きつねくんたち、自分がどうなるのかをお母さんに聞きにかえります。

そのお母さんの答えが、とってもすてき。
さらに、お父さんも出てきます。

さいご、こぎつねくんたちは、
「自分は大きくなったら、せかいで一番幸せになるんだ!」

目に見える成長も大事だけれど、
心のなかの、幸せの成長は、もっともっと大事。
大人にそのことを気づかせてくれる本だと思います。

きつねのお父さん・お母さんみたいに、
子どもたちがいてくれて幸せだと伝えたい。
大好きな絵本です。

↓くすのきさんの名作。これを読み聞かせするたびに、涙がじわり。
自分の子育てを反省します。

広告を非表示にする