足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

「学校=楽しい」では、ないですよ。

f:id:yunbox:20151209045302j:plain

娘が通っている学校では、
毎月一度、「心のアンケート」なるものを行っています。
勉強や友人、家庭についてどう感じているのかを、
1〜5段階で自己申告。

娘、先日は担任&副担任の先生に呼びだされたそうです。
理由は、「学校は楽しいですか?」という問いに、
「1:そう思わない」で回答したから。
クラスで、娘だけだったそうです。

「何があったんだ?」
「どうしてだ?」
「なんで楽しくないんだ?」

と質問されたと、めんどくさそうに話してくれました。
娘いわく、
「学校が楽しいなんて、本当に思ってるのかな、先生たちって。」

ほんとよねえ。
毎日毎日、楽しくて仕方がないって気持ちで登校しなきゃいけないのかしら。
先生たち、そんな子ども時代を送っていたのかしら。
私は、そうではありませんでした。

学校、子どもたちは頑張って通ってると思います。
うちの子たちは、そうです。
だから、家に帰ってきたらダラーッとしてる(笑)。
私も、そうでした。

そして、心のアンケートに素直に回答してると思ってるのかしら?
息子は、小学校から今まで、心のアンケートには全部、
「5:そう思う」で回答してきたそうです。
先生に呼び出されるのが面倒だから。
わが妹に、「面倒なことになるだけだから、そんな回答するな」
とアドバイスしてました。

きっと、そんな子がほとんどですよね。
先生うけ、大人うけする回答をしてますよ。

本当の本当に大事なことって、
小学生のうちならともかく、中学生以上になると、
アンケートで本当のことは集まらないと思います。

娘は今回の件で、
「先生には話さない。問いつめられるから。」と。
すっかり逆効果です。

先生や家族や友人、スクールカウンセラーの先生に、
話しやすい環境をつくる。
この方が、大事かなあ。
雑談の時間が一番大事だと思います。

広告を非表示にする