足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【まんが】魔法使いの嫁

大好きな本です、この、「魔法使いの嫁」。

最初は、表紙に惹かれました。
とくに、2巻の緑の美しさに。
そして読んで、この世界観も大好きだなあと思ったのです。

幼い頃から、「人に見えるはずがないもの」が見えていたために、
辛い思いをし、家族から取り残された、チセ。
あるオークションに出品(?)されたところを、
魔法使い・エリアスに落札されます。
エリアスはチセを、「魔法使いの弟子」として、
そして「未来のお嫁さん」として、そばに置くことにしたのです。

そこかしこに出てくる、「魔法」「妖精」「ドラゴン」。
絵の書き込みもとても細かく、素敵です。
チセの過去に胸が痛くなりますが、
今はエリアスが、そして寄り添っているルツ(使い魔)が、いる。
救われる気持ちになります。

エリアスとチセの距離が少し縮まったところで終わっている、4巻。
エリアスの正体は?
チセは魔法使いとして、これからも生きることができるのか?

先が楽しみなマンガです。

↓これも早く続きが出て欲しい!

書き込みが細かくて美しいといえば、これ。
早く続きが出ないかな♪

広告を非表示にする