足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

食用油は、オリーブオイルのみ

息子のアトピーがきっかけでした。

 

息子は、生まれた時からアトピー性皮膚炎です。

3歳をすぎるころから顔は真っ赤。

とくに目の周りはこすってしまって、すぐに腫れあがってました。

手足の関節の内側は常に血だらけ。

寝具も血だらけ。

 小学校に上がる頃からひどくなり、

夏休みに入院させることも。

 

入院している間は

ステロイド剤&清潔な環境&管理された食事。

退院直後は肌がツルツルになりますが、またすぐに元通り。

かわいそうで、自分をせめて、辛い毎日でした。

 

そんなときに友人に紹介されたのが、ある漢方薬局。

友人は大人になってストレスからアトピーを発症。

この漢方薬局で漢方薬を処方してもらい、改善したそうです。

 

↓紹介してもらった漢方薬局です


八仙堂漢方薬局

 

漢方医さんに丁寧に診断してもらって、

子ども用の漢方薬を処方していただきました。

息子の体調に合っていたのか、みるみる肌の様子が改善。

成長して肌が強くなったこともあり、

今では冬の乾燥する時期だけ保湿すれば大丈夫なまでになりました。

 

 ↓ 保湿にはこのクリームを愛用しています。これも漢方医さんから進めてもらったもの。

薬用ユースキンS クリーム 70g

薬用ユースキンS クリーム 70g

 

 

この時にお世話になった漢方医さんには、

生活全般や食べ物についてのアドバイスもしてもらいました。

 

「油はオリーブオイルか亜麻仁油がおすすめですよ。

焼き物・揚げ物などにはオリーブオイル、

サラダなど生で食べる油は亜麻仁油かエゴマ油。

それだけでずいぶん変わってきますよ」

 

この言葉を実践してみました。

 

給食やお菓子類を我慢させるのはかわいそうだけれど、

家で作った食事やお菓子なら気をつけられます。

オリーブオイル5L缶をネットで購入し、

すべてをオリーブオイルに。

これが、大人にとっても美味しくて、今まで続いています。

(亜麻仁油とエゴマ油は高価なので、サラダにもオリーブオイルを使っています。)

 

今では、外で揚げ物を食べたりして油を摂り過ぎると、

胸焼けするように。

子どもたちも外食をしたがりません。

とんかつ屋さんなど、「変な匂いがして気持ち悪い」と言います。

 

実家の両親や妹まで、オリーブオイルを使うようになりました。

パンにもマーガリンは塗らず、オリーブオイル+塩で食べています。

これがまた、美味しい♪

この食べ方は、栄養士の友達に教えてもらいました。

↓この本も進めてもらって読みました。

病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法

病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法

 

 

すべての方に、

この「油を変える」ということが有効かはわかりません。

ただ、食事は美味しくなりますし、

試してみる価値はあるのではないかと思っています。

 

↓この本もオススメです。

オリーブオイルと玄米のおいしい暮らし (だいわ文庫)

オリーブオイルと玄米のおいしい暮らし (だいわ文庫)

 

 

広告を非表示にする