足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

批判にすぐに反応すると、後悔することが多い。

f:id:yunbox:20160212094445j:plain

主人がちょっと後悔中なので、その話を。

うちの主人、
ボーイスカウトの指導者をしていまして、
指導者の間でLINEのグループを使っています。

研修会の後、そのグループで、
出席した子どもの保護者からの苦情がアップされたんですね。
保護者から直接ではなく、
保護者→別の指導者(Aさん)→LINEグループにアップ
という流れ。

主人としては、泊まりがけの研修に付き添って、
大変な思いをして、
そして帰ってきてみれば批判。
疲れと体調不良もあり、カッとなってしまったのです。

で、LINEでバトル。
止めたのですが、、、、。

Aさんとしては、「こんな意見がありましたよ」という程度での行動だったのですが、
主人としては自分の行動すべてを批判されたように感じてしまった。

Aさんも、ちょっとやり方が悪かったと思うのです。
意見があがったのなら、主人に直接、伝えてくれれば良かったのですが、
グループでアップしたので、主人が晒し者のようになってしまいました。

結局はみんなで集まって直接話し合い、
お互いの誤解が解けて良かったのですが、
今、主人は、
批判にすぐに批判で返したことを、後悔しています。

主人がえらいな、すごいなと思うところは、
その失敗を、子どもたちの前でも伝えたこと。
ネット上で批判の応酬をすることの不利益や、
誤解を生むことの怖さを、
反省を含めて、
自分の直接の経験から息子と娘に話していました。

私も覚えがあります。
カッとして、すぐに反応してしまったこと。
これが面と向かってだと、
「え、どういうこと?」と質問をし、
詳しい経緯などを知る努力をするのですが、
文字だとガツンと響いてしまう

言い合い(書き合い)になって、後から後悔。

なので、批判を受けた(と感じた)ときは、
電話をするか、
反応せずにちょっと時間を置くようにしています。

すると、書いた本人が返事がないことに疑問を持ち、
考えてくれることがあります。
「批難してるわけじゃないんだよ〜!」
と書いてくれることもあります。

批判にすぐに批判で返すと、後悔することが多い。

そう、自分に言い聞かせています。

広告を非表示にする