足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

自己満足のために、自分を卑下して周りが否定するのを期待する人。

f:id:yunbox:20151221040917j:plain

自分の自己満足のために、
自分のことを卑下したり、自分の行動を否定したりして、
周りの人が「そんなことないですよ」と行ってくれるのを期待している人、いますよね。

職場にも何人かいますし、
親戚にもいます。
でも私が一番苦手な人は、主人の父。

「オレはもう、パチンコ行かないほうがいいな」
「オレはもう、酒を飲まないほうがいいな」
「オレはもう、そんなに長生きしないほうが良いな」

遊びに行くと、しょっちゅうそんな台詞を吐き出してます。
否定すると調子に乗って、周りが嫌がる行動を取る。

それに振り回されるのは、義母です。
よくぞまあ、いままで耐えてきたなと尊敬しています。
そしてますます、義父のことが苦手になります。

そんな父親を見るのが嫌で、主人は自分の実家に帰りたがりません。
祖父母が健在だったときはそれでも帰省していたのですが、
ふたりとも亡くなったいまでは、
帰省が決まるたびに
「行きたくない〜」
「母さんだけうちに遊びに来ればいいのに〜」
と駄々をこねます。
いやいや、あなたの実家ですよ^^;
同感だけどね。

先週末も帰省したのですが、
相変わらずのこの状態。
私も面倒くさくなって、否定するのをやめ、無視することに。
うちの子どもたちも、あえて無視。
でもあまりにもしつこく確認してくるので、
息子が苛立って、「そうだね」と言ってしまったから、さあ大変(笑)

「じゃあ、オレはもう、長生きしないぞ!」

と完全にすねてお子ちゃまモード。
それでもみんなが無視するので、大声で怒鳴り散らして超不機嫌。
最後は主人に一喝されて、
不貞腐れて別室でお酒を飲み始めてしまいました。

昔から、飲む・打つ・買うがひどくて、大暴れしていた義父。
そのために義母はずーっと、フルタイムで働いてきました。
主人と義弟を祖父母に預けて。
なので、主人も義弟も、おじいちゃんを父親代わりに育ちました。
おじいちゃんそっくり。
真面目で、寡黙で、やるときはやる人たちです。
なので余計に、義父の幼さが目につく。鼻につく。

自分の存在を認めて欲しいのかもしれないけれど、
やり方は逆効果。
周りを苛立たせるだけです。

周りの好意に甘えるのでなく、周りに感謝を伝えればいいのに。
義父の不器用さを可哀想におもいつつ、
やっぱり苛立つ私です。
まだまだ修行がたりません、、、、。

広告を非表示にする