足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

おじさん、その機能、本当に必要?

f:id:yunbox:20151216150728j:plain

伯父が新しいパソコンを買いたいというので、
いっしょに選んでいたときのこと。

ネットとメールくらいにしか使わないのに、
何故か最新でスペックが高いものを選ぼうとします。
「おじちゃんには、こんなに高いものじゃなくてもいいよ」
と言うと、 「いいや、せっかくだから一番良いのを買う!」
と。

いろいろと説得してみようとはしたのですが、
聞く耳を持ちません。
まあ、お金を払うのはおじさんだし、、、、と思って、
希望通り、
そのメーカーで一番スペックが高く、お値段も高いPCを購入。

今はそのパソコン、使われずにホコリをかぶっています。

伯父は70代なのですが、
60代〜80代の人たちに、こういう考え方の人が多いなあと思います。
うちの父も、必要のない機能が満載の家電やパソコンを買おうとします。
「せっかくだから」
「もう買い換えることもないし」
と言って。
おまけに、家電屋さんの営業マンも、それを後押しします。
まあ、いいお客さんですよね、年配者(特に男性)は。

で、結局使わなかったり、
基本的な機能しか使っていなかったり。

家電メーカーもどうかしてるなあ。
もう、新しい家電をドンドン買ってもらう時代ではないのに。
基本的な性能をしっかりと搭載していて、
そのメンテナンスに顧客を掴んだほうが良いかと。
故障すれば、どこに行っても、「買ったほうが安いですよ。」
なあにが、「MOTTAINAIの国、日本」なんだか。

yunbox.hatenablog.com

ネットでは故障修理を申し込むこともできますが、
年配者にはそのネットの敷居が高い。
結局良いカモにされて、新しい家電を買わされる。

年配者を食い物にする売り方は、もうやめていただきたい。
余計なモノを買わされた主人の母の話を聞いて、
本当に腹が立ちました。

広告を非表示にする