足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

してやってる病、してくれない病

f:id:yunbox:20150901055728j:plain

「〜してやってるのに、、、、」
「家族が〜してくれない」

よく聞く愚痴です。

「してやってる病」「してくれない病」です。

「〜してやってる」と思うくらいなら、しなくて良いのです。
途中で投げ出したらダメなのは、子育てくらい。
仕事でも、ボランティアでも、自分の代えはいくらでもいます。

「〜してくれない」と思うくらいなら、自分でやったらいいんです。
こんなふうに言うから、余計に誰もやってくれないのです。

とはいえ、私も、自分に余裕がなかったり、調子に乗っている時は、
ちらっとこの言葉が浮かぶことがあります。
特に、家族に対して。
甘えてしまうんですよね。

そんな時は、自分の中に「感謝」の気持ちが不足している。
そう思って、「してやってる」「してくれない」を口に出す前に、
家族への感謝を伝えたり、
素直にお手伝いをお願いするようにしています。

「〜してくれる?ありがとう。」
という言葉を言うと、不思議とすっきりと病気が治ります。

たまに病気にかかりますが、対処法さえわかっていれば、大丈夫。
徐々に病気にかかる回数も減ってきます。
今では、年に一度あるかないか。

プライドを捨てて、こだわりを捨てて、お願いをする。
助けてもらう。
その習慣をつけると、重症にならずにすみます。

年をとっていくと、できないことが多くなってきます。
今のうちに、たくさん頭を下げる練習・感謝を伝える練習をしておくの、
大事だと思っています。
それを、亡くなった祖父母から、学びました。

広告を非表示にする