足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

悲劇の主人公でいたい人には、真剣に向き合わない

f:id:yunbox:20150816182656j:plain

悲劇の主人公でいたい人、いませんか?
いつも、自分が一番大変。
いつも、自分が一番頑張ってる。
いつも、自分が一番苦労している。

そう思いたい人、けっこういます。

愚痴とも相談ともつかない話を、昔からよくされます。
女性はたいがい、恋愛話。
男性は、仕事の忙しさ。
そうして、双方最多なのが、パートナーの愚痴
私、そういう悲劇の主人公さんとは、真剣に向き合いません。

2,3回提案をして、
それがすべて「でもね、、、」で帰ってきた時点で、スイッチオフ。
あとはひたすら、その人が気持ちよくなる言葉をかけるのみ。

「あなたじゃないとできないことだよ〜」
「あなただからこそ、頑張れてるんだよ〜」
「他の人じゃ真似できないよ〜」

という言葉をかけて、終わりです。

今の状況を本気で変えたい人は、真剣に自分の行動を変えようとします。
こちらの提案を、とりあえずやってみてくれます。
その結果続かなかったり、できなかったりだと、また次の案を一緒に考えます。

でも。

今の主人公状態が好きなら、「どうぞ、そのままでいてください。」です。
「そのうち、自分で気づいたらいいね〜」と思いつつ、
そのまんま。

自分の時間も気持ちももったいないですからね。
てきとうにあしらって、終わりです。

マナーとして、相談されたことは絶対に口外しません。
でもそういう主人公さんたちは、色んな人に自分から暴露してるので、
そのうち自滅していきます。

私は、主人公さんたちから、
『だめな行動』を学び続けています。
そして、それを本当に大事な人たちに話します。
そういう意味では、主人公さんたち、とても役に立ってくれています。

広告を非表示にする