足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

庭のメダカ鉢

f:id:yunbox:20150713154740j:plain

↑ 庭に、メダカを飼っている水鉢が置いてあります。

今年で3年目かな。
水鉢のなかには土を入れ、ブロックを沈めて微生物の繁殖を促しています。
メダカはクロメダカとヒメダカ。
クロメダカのほうが繁殖力が強く、数が多いです。

お手入れ方法ですが、ときどき、水を足すだけ。
水の入れ替えも、鉢の掃除もしません。
ほったらかし。

参考にさせてもらったHPは、こちら↓ www.biolove.biz

水を入れ替えたり、鉢を洗ったりすると、
せっかく増えた微生物がいなくなり、良くないと。
確かに、ほったらかしでも水は濁らず、
メダカは元気に泳いでいます。
家の中の水槽で買っていた時より、今のほうが元気なくらい。
そして、春先〜初秋まで、ドンドン増えていきます。

最初の頃は卵や稚魚を別水槽に保護していたのですが、
あまりにも増えるので、今は一緒にしたまんま。
水鉢のなかでメダカ(成体)に食べられずにいたものだけが、
成長しています。
それでちょうどよいくらいかな。

エサも、ほとんどあげていません。
蚊の卵やボウフラ、色々な虫を食べているみたい。
1週間に1度くらい、メダカのエサをあげています。
(エサをあげすぎると、水が濁ってくるので)

冬も、屋外に置いたまま。
鉢の上にある木(ハナミズキ)からの落ち葉が底にしずんで、
良い具合に冬眠できる寝床になっているようです。

雪や大雨が振った時は、透明な波板をかけています。
こういうやつをホームセンターで購入して、切って使用。

家の中で飼っていた時の大変さが嘘のよう。
なんでも、手をかけすぎると、良くない。
過保護にすると、育たない。
それを、メダカ鉢から教っています。

広告を非表示にする