足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

「かわいそうにね」で 嫌な人をやり過ごす

f:id:yunbox:20150616161001j:plain

娘が小学5年生のころ。

同じクラスにズケズケとモノを言う女の子(Mちゃん)がいました。
ちょっと気になると、
それが良いことだろうが、悪いことだろうが、
お構いなしに大声で口に出します。

ムードメーカーな部分もあったのですが、
攻撃された子たちは大変。

「ずるい!」「どっかいけ!」「きもい!」「うざい!」

攻撃的な言葉が大声で口から発せられて、
それを耳にする娘は、直接攻撃されることはなかったのですが、
(むしろ、仲良くしていたのですが)
言い争いや喧嘩を毎日見ることになり、辛そうでした。

その言葉を言われた子がどれだけ傷つくか、恥ずかしい思いをするか、
そういったことが考えられないようでした。

ある日、娘が、
「Mちゃんは、頭と心の病気だと思うことにする。」
と。

自分がイライラするよりも、
「病気なんだ、かわいそうにね」
と思うことにしたそうです。

そうスイッチを切り替えてから、娘は明るくなりました。
それまでは学校での話を聞くたびに、
Mちゃんの愚痴を言っていた娘。
でも、それ以降は冷静に、Mちゃんの状態を教えてくれるようになりました。

私はこの時、娘に色んなことを教えられました。
私も見習おうと思いました。

病気の人と、喧嘩をしても仕方がない。
「かわいそうにね」で、やり過ごす。

今も、娘を見習っています。

広告を非表示にする