足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【読み聞かせ】モグラくんとセミのこくん

初夏〜夏にかけて、1年〜3年生にオススメの本です。

いつものように、土の中をお散歩していたモグラくん。
ふと気づくと、向こうの方から、同じように土を掘る音が。
出てきたのは、セミの子くん。

お友達になった二人は、一緒に暮らし始めます。
木の根っこの陰でかくれんぼをしたり、
おいものケーキを食べたり。

ところが、しばらくたつと、セミの子くんの様子が。
そう、セミの子くんがセミになる日が近づいてきたのです。

ずっと一緒にいようねと約束した二人。
でも、お別れの日がやって来ます、、、、。

動けなくなったセミの子くん。
そのセミの子くんを助けるため、土の上に連れて行ってあげるモグラくん。
さみしいお別れだけれど、モグラくんはセミの子くんのためにがんばります。

モグラくんが見守る前で、無事にセミになった、セミの子くん。
その元気な鳴き声を聞きながら、
モグラくんが満足そうにたんぽぽの根っこのコーヒーを飲んでいるところで、
物語は終わります。

私、この話、
とてもとても親子関係に似ているなと思いました。

いつまでも一緒にいたい。
でも、いつかは飛び立って行く子どもたち。
そのときに、そっと背中を押せるように。
飛び立った様子をみながら、微笑んでいられるように。

主人にもこの絵本を見せて、そう話しました。

読み聞かせには低学年がオススメですが、
親も楽しめる、そして学べる絵本です。

ふくざわゆみこさんの絵本、大好き!
このお話も、ふんわり優しくて、娘のお気に入りでした。

広告を非表示にする