足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

「キミの得意分野は、そこじゃないもんね」

f:id:yunbox:20150612213008j:plain

わが子たちや、仕事の関係で子どもたちから悩みを打ち明けられたとき。
とくに、苦手としていることを聞かせてもらったとき。
私はよく、
「キミの得意分野は、そこじゃなくて〜だもんねえ」
という言葉を伝えるようにしています。

うちの息子は、チームスポーツが苦手。
体育などで野球やサッカーの授業のある前の日はよく、
「いやだなあ」
「体育、やりたくないなあ」
とぼやいていました。

そんなとき、
「キミの得意分野は、スポーツじゃなくて技術系だもんねえ。
でも、がんばっていてエライと思うよ、母は。」

と伝えました。

これ、娘の場合は、苦手は水泳で、得意分野は美術系。

ある子は、
「オレ、国語の漢字テスト、いっつも悪い点」
と打ち明けてくれたので、
「キミは、漢字は苦手かもしれないけれど、歴史はすっごい得意な分野やもんねえ」。

不思議なことに、
自分の得意分野を言葉で指摘してもらって、頑張りを認めてもらうと、
苦手分野も、やってみようとしてくれます
好きになるわけではないけれど、
「ま、仕方ないからやるか」と思うみたい。

私の妹はよく、自分の娘(私にとっては姪っ子)に、
「苦手なら頑張って練習しな!」
とビシビシとアドバイスしていました。
それで姪っ子とよくぶつかって、喧嘩して。
姪っ子から泣きながら電話がかかってくることもしばしば。

自分が苦手で、頑張ってもできなくて。
それは自分が一番分かっているのに、
「頑張って練習しろ!」と言われても、しんどいですよね。
私は小さい頃、父親にそう言われて、しんどかったです。
私の従兄も、ずっとしんどい思いをしていました。

yunbox.hatenablog.com

だから。
まずは得意分野を見つけて、褒めよう。
そして、苦手分野への頑張りを褒めようと、心がけています。
祖母が私にそうしてくれたように。

広告を非表示にする