足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

男の子には、理想の男性像が必要

f:id:yunbox:20150605083305j:plain

息子が生まれたとき。
養護学校の教師をしている先輩から、こんな言葉をいただきました。

「男の子には、身近に、理想とする大人の男性像が必要だよ。」

男の子の母となっていた、先輩。
子育てしていて実感している、と。

このごろ、その言葉を思い出すことが多いです。

理想像は、父親だと一番だけれど、父親である必要はないです。
おじいちゃんでもいい。
習い事の監督やコーチ、指導者でもいい。
こんな大人になりたい!という大人の男性がいればいい

先輩は、ご主人を息子の理想像とするべく、いろいろと工夫されていました。

ご主人を息子の前で大げさに褒める。
ご主人がいない時でも「パパはすごいねえ!」と言い続ける。
ご主人を習い事のコーチにする。
二人の時間をつくる。
決して、子どもの前で夫婦げんかをしない。
自分がボケ役・悪者になる(笑)。

それはそのまま、私の子育て方針となっています。

息子を20年近く育ててきて。
先輩の言うとおりだなあとつくづく思います。
息子はまんまとお父さんっ子になってくれ、
何かあると主人に相談しています。
進路の相談も、主人に。
よく二人でキャンプに行きます。

取っ組み合いでプロレス技をかけあうことも。
最近では主人は容易には勝てなくなってきましたが、
そんな主人を息子は気遣っています。

息子を主人に任せて大正解だった。

よく、ご主人と子どもを取り合っているご夫婦がいました。
「いっつも私が悪者になる!!!」とプリプリ怒っていましたが、
そのたびに、「いいんじゃない、悪者でも」と思っていました。

yunbox.hatenablog.com

自分が悪者になって、ボケ役になって、それでパパを尊敬する青年に育ってくれたらいいのです。
そうしたら、パパもどんどん、「良いお父さん」になっていってくれます。

息子にダメ出しし、ご主人にダメ出しし。
そんなご夫婦たちは、いま、色々と大変な家庭環境になっています。

ご主人に、息子の理想像になってもらいましょう。
母は、ボケ役・悪者で良いのです。
母は、役者になりましょう(^^)

とはいえ、私、まだまだなんですけどね(^_^;)
目標は、前述した先輩です。
素敵な理想の母親像となってくれていて、とってもありがたいです。

↓主人が良く読んでいました(笑)

↓そして私も読みました(笑)

広告を非表示にする