足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

シッカロールの季節

f:id:yunbox:20150523044313j:plain

日傘を使う時期になると、わが家ではシッカロールが活躍し始めます。

息子は生まれてすぐからアトピーと診断されました。
汗を書き始める初夏から、残暑が残る初秋まで、
お風呂上りやシャワーの後には、自分でシッカロールをはたいています。
用意してないと、「母さん、買っといて」と注文されます。

これをはたいておくと、夜中に掻きむしることが少なくなります。
とはいえ、肌が正常な状態で使うことが大事。
少しでも掻きむしってしまうと、使えません。
そこは、自分で判断してくれるようになったので、私は楽になりました。

特に、首の周りと脚・腕の関節の内側、太ももの内側はシッカロールを使わないと、
汗疹がひどくなります。

息子はボーイスカウトをやっているため、キャンプ訓練によく出かけます。
夏の訓練では、持って行くように声をかけます。

私も家族も、シッカロールの香りが大好き!
懐かしい香りです。
娘も主人も、息子がシッカロールを使いはじめると一緒に使い始めます。
私も、日焼け止めクリームを塗った後でシッカロールをはたきます。
さらさらになって気持ちが良いです♪

祖父が寝たきりになった時、伯母がオムツかぶれ予防でお尻にシッカロールをはたいていました。
高齢者にも使っていいんだなあと、当たり前なのになんとなく思いました。
伯母が、「お義父さん、気持ちが良いでしょ〜」と優しく言ってくれていたのが忘れられません。
(もう10年以上前になります)

私も祖父のオムツを替えたことがあり、シッカロールを使いました。
「人って、赤ちゃんから子どもになって、大人になって、また少しずつ赤ちゃんに戻っていくんだなあ」
そう、思いました。

シッカロール、いろんな種類があるみたいです。

www.wakodo.co.jp

固形タイプ(パフ付き)、携帯用に注文しようっと(^^)

↓これも気になる、、、、

広告を非表示にする