足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【読書記録】ユダヤ人大富豪の教えⅢ 人間関係を築く8つのレッスン

Kindleで購入。
豊かな人間関係を築くにはどのように考えていけば良いのかが、主人公・ケンの目線から書かれてあります。

人間の性格について、マトリクスで表現されている部分が興味深いです。

一人の人間の中には、


  1. ポジティブ自立
  2. ネガティブ依存
  3. ネガティブ自立
  4. ポジティブ依存

の4種の性質が存在し、相手によって

1⇔2、3⇔4 の綱引きが常に行われている。

1と2,3と4の綱引きをするのではなく、自分の立ち位置を常にセンターよりに持って行こうとすることで、人間関係がスムーズになる、、、という内容です。

実際に1〜4の性格はどういうものなのか、
相手のどういう面を見れば判断できるのか、
それに対する自分の対応の仕方は、、、、

といったことが、具体的に書かれていて、興味深く一気に読破。

私自身は、どちらかと言うとネガティブ自立な性格かな。
ただ、ネガティブがダメでポジティブが良い、依存がダメで自立が良いという単純な内容ではありません。
1〜4,どの性質にも長所・短所があり、極端になると短所が目立つけれども、センター寄りに自分を持って行こう努めることで、お互いの長所を引き出すことができる、そう言うふうに私は捉えました。

確かに私は、相手の性格や行動によって、自分の立ち位置を変えている。
そのことを自覚できたのも良かったし、
親との関係、妹との関係、友人・知人との関係をじっくりと考えるキッカケにもなりました。

この「ユダヤ人大富豪の教え」シリーズ、すべてKindleで購入し、読んだのですが、
この3巻が私にとっては最も良い本かな。

トラブルがあってもかーっとならず、落ち込まず、
冷静にマトリクスを考え、対処できるようになれれば、、、と思います。

広告を非表示にする