足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【読み聞かせ】ぼく にげちゃうよ

我が家にはテレビがないため、つねにラジオが流れています。
とくに、NHKラジオ第一がお気に入り。
そして、日曜日の朝7:30ごろ流れる、「落合恵子の絵本の時間」がとても好きです。

この「ぼくにげちゃうよ」は、この番組で紹介されていた本。
可愛らしい内容に、図書館で借りて読み聞かせをしてみました。

うさぎのお母さんと「ぼく」。
ある日突然、「ぼく」はどこかに行ってみたくなりました。
そこで、お母さんに告げます。
「ぼく にげちゃうよ」

それに対してお母さんは、こう答えます。
「お母さんは追いかけますよ。だってあなたは、大事な私の子どもなのだから。」

そこから、「ぼく」とお母さんの空想の追いかけっこが始まります。
「ぼく」が「お魚になってにげちゃうよ」というと、「漁師になってつりあげますよ」。
「ぼく」が「お庭のお花になっちゃうよ」というと、「庭師になって見つけますよ」。
そのやりとりが続きます。

そして、それぞれ空想の追いかけっこの様子がカラーの絵で描かれています。
この絵をみんなに見せながら、読み聞かせ。
子どもたち、絵に釘付けです。

1,2年生向けかなと思ったら、3,4年生も楽しそうに聞いてくれました。
読み終わった後、みんなで逃げ方を考えたり、それに対する追いかけ方を考えたり。

最後、「ぼく」は、うさぎのままが一番だと気づきます。
そして、お母さんと一緒に巣穴で人参を食べるところで終わります。
この最後の絵も、とっても素敵。
1年生の女の子が「うわー、、、」とため息をついたのが印象的でした。

↓この本の繰り返しも面白くて人気。お父さんバージョンです。

広告を非表示にする