足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

「男前」と「下品」は、ちがう

f:id:yunbox:20150406040711j:plain

知人に、自分のことを「男前でしょ?」という女性がいます。
私はそれを聞くたびにいつも、
「”男前”と”下品”はちがうよ」と思っています。
(口には出しませんけど)

その知人、Tさん。
体育会系でサバサバと、いろんなことが開けっぴろげ。
話していておもしろいし、
確かに男性っぽいところがあります。
一緒に飲み会に参加しても、とてもおもしろい。
場を盛り上げる存在で、楽しい人です。

でも、下品。そして、自虐的。
下ネタ、子どもや男性の前でもバンバン話します。
自分や自分の子どもたちを自虐的なネタにします。
言い方がさっぱりしていて、自分でも笑いながら話すので、
救われています。

同じ自虐ネタを何度も話されると、辛くなります。
周りの人たちは、あなたも子どもたちも頑張っているよと、何度も伝えます。
でも、「笑い」を取ってしまうんですよね。

下ネタも、自分の子どもの前で話すから、お子さんは嫌がっています。
でも、その嫌がりっぷりも「笑い」にしてしまう。
サービス精神が旺盛なんですよね。
男性陣も、時には引くほど。
親しい男友達や、女性同士の中では受け入れられても、
ほぼ初対面の男性陣は、びっくりして、引いちゃいますよ。

そしてよく、周りに言うセリフ。

「私って、男前でしょ?良く言われるの。」
「私、女じゃないんだよね。男かあさん。」

そういうセリフを言う女性たちって、
私の目からは、とてもとても女性らしく見えます。
(良い意味ではなく、ネガティブな意味で)

自虐ネタにしないと、自分や家族の失敗を受け入れられない。
誰かに笑って欲しい、かまって欲しい、という感情。
「かっこいい」「体育会系だ」と思われたいという、願望。
そういう内面が見えてしまいます。

本当に「男前」な女性たちって、表面的にはとっても静か。
でも。
凛としています。
周囲の人たちとうまくやれているけれど、一人で過ごすのも平気。
自虐ネタなんて絶対にいいません。
与えられた仕事は責任をもって確実にやります。
人との約束を忘れることなんて絶対にない、信頼感があります。
自分が自分がという出しゃばりがなく、人の話を聞くのがうまいです。
そして、自分のことを「男前」だなんて、絶対に言いません。

私は、そういう女性たちのことを「男前」だと思っています。

広告を非表示にする