足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

【読書記録】片づけの解剖図鑑

「すっきり」「片付け」「断捨離」という言葉に弱いです(笑)。
この本も、図書館の返却棚にあったのを、タイトルに惹かれて借りてきました。

片付け方の本ではなく、片付くための家の作り方(間取り)の本です。
注文住宅で家を建てることを考えているかたには、オススメです。
でもそれだけでなく、すでに家を買っている人、賃貸住宅に住んでいる人にも、
参考になることがたくさんあります。

2つの章からなりたっています。

1章 ヒトの動きを追いかける

この章は、主に間取りや設備について書いてあります。

例えば、

  • 玄関:港には、大きな倉庫が必要
  • 押入れ:懐が深くていいのは、力士だけ。
  • トイレ:こんなところに、収納の切り札が

といったテーマ。
玄関については、本当に同感。
玄関にウォークインクローゼット、欲しい!

2章 すべてのモノには場所がいる

この章はどちらかといえば、片付け方について書いてあります。

例えば、

  • 布製品:日陰者こそ、陽のあたる場所に
  • ソファ:居候を決め込んだ大男が、いませんか?
  • 明かり:片付けては、なりません

と言った項目。

ソファについては、失敗しました。
二人掛けのソファを置いてるのですが、
ジャマで仕方がない。
この本にもありますが、子どもが一緒に座る時期は本当に短い。
「大きなソファよりも一人がけのソファを2台置く」ことが提案されていて、
これはいつか実践したいと思っています。

ちなみに、この本のイラストも好き。
書き込みが細かいけれど、シンプル。
インテリアや家の間取りに興味がある方、読んでみると良いかも。

↓書き込みが細かいといえば、この本。大好きな本です!

広告を非表示にする