足るを知る

スッキリ・凛とした生活を送りたい。日々のアレコレ。

小学校をズル休みした思い出

f:id:yunbox:20150226145231j:plain

小学校4年生のとき、学校を転校しました。

市営アパートから一戸建てへの引っ越し。
妹と共用とはいえ、子供部屋を持てた嬉しさ。

でも、転校初日から、憂鬱な時間が始まりました。

ニュータウン開発で、同時期の転入生が多く、同じクラスに3人も。
私は引っ込み思案で内気で、自分から話しかけるのが苦手。
気づいたら、ひとりぼっちでした。  

それでも、しばらくして女の子グループの一つに入ったのですが、
気の強いリーダーに従うその他のメンバー。
私もその他の一人。
すべてにおいてのんびりでぼーっとしていたので、よく怒られていました。
休み時間は図書室で本を読みたいのに、それもかなわず。
だんだん、学校に行くのがいやになってきました。

ある日、どうしても学校に行くのが嫌で、母に「頭が痛い」と告げました。
その日は学校お休み。
休めるとなった途端、元気になった私。
母はきっと気づいていたのだと思います。
でも、休むときのお約束だった桃缶を食べさせてくれて、
布団のなかで本を読むことを許してくれました。

一日ゆったり過ごして、また次の日から学校へ。

そうして、1ヶ月に1日の頻度で、ズル休みをするようになりました。

休んでいる時は、布団で読書したり、母のお手伝いをしたり。
一緒にお菓子を作ったりもしました。

熱がないのに、元気なのに、何も聞かずに休ませてくれて、一緒にいてくれた母。
本当に感謝しています。

先日、娘が「学校行きたくないなあ」と言いました。
うろたえる、だめだめな私(笑)。
母のようにはなれないなあと思いつつ、娘と朝、いろんな話をしました。
結局理由は、ある一つの教科の先生が苦手で、会いたくないとのこと。
娘本人が叱られるわけではないのですが、
同じクラスの子が怒鳴られるから、心臓がドキドキするのだそうです。

話しているうちに落ち着いたのか、「やっぱり行けそう」と、登校した娘。
私が同じ年のころよりも、ずっとずっとエライなあと思います。

今でもふとした時に、ズル休みの思い出がよみがえります。
妹がいた私にとって、母とふたりきりになれる大好きな時間でした。
そして今考えると、母は私の事を信じてくれていたんだと思います。
そのまま休み続けるとは思っていなかったんだなあって。

私は、娘に同じことをしてあげられる自信はありませんが、
せめて忙しい朝でも、話はゆっくり聞いてあげたいなあと思っています。

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

広告を非表示にする